和蜜 百花蜜(神石高原町)

和蜜 百花蜜(神石高原町)

通常価格
¥1,200
セール価格
¥1,200
単価
あたり 

わずかティースプーン1杯分。それは1匹の働きバチが30日かけて集めるはちみつの量です。花から花へと蜜を集めて飛び回る働きバチの一生は約70日。春、夏、秋に蜜を集め、秋から冬にかけて日本みつばちは、ひと冬を越せる分だけの蜜を集めます。花の蜜は一般的に糖度は40%未満といわれています。集められた蜜は蜂の巣のなかで水分の発散が行なわれ、糖度が80%ほどに上昇。さらにみつばちによる加工が行なわれ、はちみつとなっていきます。

日本みつばちの蜜は遠心分離機のような機械を使って絞っているわけではありません。ざると布で漉し、3日間、自然落下させて収穫します。こうしてろ過されたはちみつを瓶詰めしていきます。この方法は垂れ蜜と呼ばれ、日本みつばちの成分や味わいをこわさない方法。手間と時間はかかりますが、より上質なものをお届けしたいとこだわった結果です。

添加物は一切加えておらず、また加熱もしていません。純粋に自然なまま。なにも足さず、熱も加えていません。

ハチミツの色の違いは、季節や花の種類などにかかわっています。春の花のはちみつは、色がうすく、さらりと。色が濃いはちみつは、春から半年かけて熟成したはちみつ。花粉のたんぱく質と糖がメイラード反応を起こし、黄色から褐色に変化するのです。また、そばの花から得られたはちみつは、黒褐色。カリウムや鉄分などのミネラル成分が豊富なはちみつとなります。

日本みつばちのはちみつは、複数の花の蜜がブレンドされます。『百花蜜(ひゃっかみつ)』とあるのは、そうした理由からです。花粉も多く含まれているため、濃厚で熟成された味わいとなり、かすかに酸味が感じられます。

 

内容量:100g 瓶詰め
賞味期限: 製造日より1年
主蜜源:百花蜜
保存方法:直射日光をさけ、保存してください。
注意事項:1歳未満の乳児に食べさせてはいけません。